2007年02月07日

旨くて安い手造りビール

日常的にビールを飲む人にとって、ビールの味と値段は毎日の生活で大きいことではないでしょうか?

やはり、旨いビールは手造りにかぎるようです。





何故手造りビールなのか?
<その1>【造り方はいたって簡単】
手造りビールの原料をお湯で溶かし、水でうすめて添付のビールイーストを加えるだけ。瓶詰め後の熟成を待ちます。造るプロセスはビール工場と原理的に全く同じ、家庭で簡単に造れます。

何故手造りビールなのか?
<その2>【手造りの楽しみ】
手造りビールは造る楽しみがあるのみならず、添加物も一切使用しない安心して飲めるビールです。世界各国ではビールを家庭で造るのは常識あり、我が国でもこれを常識にするため、弊社では1982年より普及活動を行っております。
国内でもすでに50万人を下らない多くのファンが日々手造りを楽しんでいます。

何故手造りビールなのか?
<その3>【とにかくうまい】
ビールの原料は麦です。ドイツなどヨーロッパ諸国のビールの原料は麦(麦芽)100%です。市販のビールは米、スターチ等を副原料として使用しているためアッサリ味になっています。
手造りビールはヨーロッパ本来のコクのあるビールが楽しめます。

何故手造りビールなのか?

<その4>【自分で造れば安い】

手造りビールの原料1缶(1,900円)で中瓶約30本造れます。市価の約1/4です。1日1本飲む人は月のビール代が約2,000円であがります。

何故手造りビールなのか?

<その5>【健康飲料】

ビールイーストはビタミン、ミネラルが豊富です。
市販のビールはろ過するためビールイーストは含まれていません。ろ過したビールイーストを「エビオス」、「ワカモト」等薬品として販売しています。
手造りビールは活きたビールイーストともども飲むことになり、体調の改善に大きく役立ちます。便秘、食欲不振、口内炎、痛風、糖尿、老人のシミ等荷の改善事例が多く報告されています。

とにかく、お試しあれ!
ラベル:ビール
posted by 初夏のレモネード at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。